SOFTBALL

CHALLENGE

PROJECT

supported by POCARI SWEAT 

 

川島中学校年時からソフトボールを始める。星野女子高等学校を経てリーグ部の

ユニチカ垂井に所属し、1974年世界選手権出場。
1985年に現役引退後、ジュニア日本代表コーチを経て日立高崎の監督に就任。

当時3部だったチームを部で優勝するまでのチームに育て上げた。

1997年に日本代表監督に就任、2000年シドニー五輪銀メダル。

2004年アテネ五輪銅メダル。2004年9月、日本代表監督を退任。

その功績が讃えられ、日本人初、指導者としてISF(国際ソフトボール連盟)の

殿堂入りを果たした。2011年にNPO法人ソフトボール・ドリームを設立。

現在は後進の育成や競技の普及に尽力している。

​宇津木妙子

​女子ソフトボール元日本代表監督
 

​   活動報告 

​応募校に宇津木妙子が訪問しました!

ソフトボールチャレンジプロジェクト ダイジェスト動画
ソフトボールチャレンジプロジェクト 2020活動報告
 

​   ソフトボールチャレンジプロジェクトとは? 

​もう一度、ソフトボールを最高の仲間で楽しむプロジェクト!

新型コロナウイルスによりインターハイ中止など、様々な大会の中止が決まり、

その中で、高校生ソフトボーラーの活躍の場がなくなってしまった。

「目標がなくなった」「思い出が作れていない」「夢を諦める」

高校生たちが多くいるのではないか。

しかし、一緒に努力を続けてきた、"仲間との時間"

かけがえのない宝物であることには間違いない。

最後にみんなでもう一度"笑顔"で3年間共に過ごしてきた仲間、

同じ舞台を目指した後輩たちと「ソフトボールで伝える・繋ぐ想い」

コンセプトにチームみんなでチャレンジ動画に挑戦しよう!

参加いただいたチームには、ソフトボール元日本代表監督宇津木妙子から

​素敵なプレゼントを用意しています!!

​宇津木妙子からのメッセージ動画

 

  プロジェクト応募方法 

チームで挑め!

​自分たちにしかできない、ソフトボールチャレンジに挑戦!

​チームの絆をアピールせよ!

ステップ1撮影

動画の決まり

・動画は1分~5分以内

・ケガをしない範囲での撮影

・全員で1つのチャレンジでもOK

 グループに別れてのチャレンジでもOK

・密接、密集は避けての撮影

・動画の初めに「意気込み、取り組むソフトボールチャレンジの説明」を!

■データ送付の決まり

​・データ送付方法リンクから確認

​・1分~5分での編集動画

ステップ2
​送付
Mail_edited_edited.png
ステップ3
​選考

■結果発表

 

・優秀校15校を選定後メールまたは、

 ダイレクトメッセージで通知

 素敵なプレゼント付き!

Note%2525252520Pad_edited_edited_edited_

​応募詳細 ⇒ こちらから

応募規約 ⇒ こちらから

​​データ送付方法  ⇒ こちらから

※応募規約を必ず読んでいただいてから参加をお願いします。

※応募期間 終了しました。

​■企画サンプル動画

~バント繋ぎチャレンジ~

各チームの個性的なソフトボールチャレンジ​お待ちしております!

​~ソフトボールチャレンジ 応募高校動画~

【京都府】京都明徳高等学校
【佐賀県】佐賀女子高等学校
【山口県】高川学園高等学校
【大阪府】河南高等学校
【愛知県】尾北高等学校
【岡山県】創志学園高等学校
【群馬県】高崎健康福祉大学高崎高等学校
【千葉県】木更津総合高等学校

高校ソフトボール最後の挑戦

​~チーム全員で取り組む夏~

ご応募いただきありがとうございました!!

A_W320H140.jpg